外壁診断(塗替え時期)

建物を守るカギ!外壁塗装の基礎知識

外壁には建物の外観を美しく保つのはもちろんのこと、さまざまな外的環境から建物を守るという役割があることをご存じでしょうか?紫外線や日光の熱、雨、雪、風、花粉、黄砂、菌、虫……などの影響から建物の状態を保つのが「外壁塗装」です。

外部からの影響を直接受けるため、外壁は経年劣化していきます。建物を守る機能を維持するためには、外壁が傷んできたタイミングに合わせ、定期的なメンテナンスを行わなければいけません。塗料の種類にもよりますが、外壁や塗装の耐用年数は一般的に10年前後といわれているので、8年から10年の周期で点検を受け、状態を把握しておきましょう。こちらのページでは、静岡西部の塗装工事、外壁リフォームを請負う「リペイント」が塗替えの時期外壁診断についてご紹介します。

こんな症状にご用心!外壁塗装のタイミング

下記のような症状は、外壁が劣化しているサインです。ひとつでも当てはまる場合、外壁や塗膜が傷んでいる可能性があります。そのまま放置しておくと建物の躯体まで傷んでしまう可能性もあるので、早めに外壁診断を受け、塗替えを検討しましょう。

塗替えの赤信号症状 マメ知識

症状 概要
【チョーキング】 塗膜が自然現象の影響で経年劣化すると、外壁の表面を触ったとき手に白い粉がつくことがあります。これを「チョーキング」といいます。塗膜の寿命のサインともいえるので、この現象が起きていたら塗替えを検討しましょう。
【クラック】 年月が経過することで外壁が水分を失い、乾燥が進むことによって表面に細かなひび割れが入ります。これを「クラック」といいます。このひびから建物内部に水が浸入すると、躯体が傷む原因となるため、早めに補修しなければいけません。
【藻、苔、カビ】 日陰に面した外壁などによく見られる現象です。周囲の湿気が主な原因ですが、結露が原因で発生するケースもあります。
【色あせ】 直射日光をよく受ける箇所は、紫外線の影響で色があせが目立ち始めます。建物自体の外観が損なわれるので、塗替えを検討しましょう。
【錆、剥がれ】 鉄部の錆や剥がれを放置すると、内部へと劣化が進行します。早めに対処すれば塗替えだけで済むケースもあるだけに、影響を少なくするためにも、少しの錆も放置しないことが大切です。
【腐り】 雨などにさらされることで、壁の表面が腐ってしまう現象です。放置すると、建物内部まで傷みが進行します。
劣化を見落としがちな箇所

下記は気づかぬうちに劣化が進行していることが多い箇所です。ご自宅に関してもチェックし、もし傷んでいるようであれば塗替えを行いましょう。

【雨戸】 年月が経過すると腐食が進み、色あせなどが起こります。
【樋】 バンドや金具が錆びたり、塩ビ管が劣化して割れたりすることがあります。そのまま放置すると排水に支障をきたし、建物を傷める恐れがあります。
【軒裏】 湿気の影響を受けやすく、藻や苔、カビなどが発生しやすい箇所です。
  • 施工事例・お客様の声

Topics トピックス

  • ここがすごい!断熱塗料「ガイナ」!
  • 知っておきたい塗料のあれこれ!
Area

浜松市を中心に西静岡(浜松市、磐田市、掛川市、袋井市、湖西市、御前崎市、菊川市)県その他の地域はお問い合わせください。

Contact お問い合わせ

住まいの塗り替えのことなら、
お気軽にお問い合わせください。

0120-930-619 営業時間/9:00~18:00(定休日:日曜日)
  • Contact お問い合わせからの流れ
  • Q&A 外壁塗装よくある質問

Company

  • About us 会社案内
  • About us 代表ご挨拶・職人紹介
Wall paint blog
リペイント外壁塗装ブログ
Staff blog
リペイントスタッフのつぶやき
  • 貯まる・使えるTポイント
  • クレジットカードでラクラク支払い!